ギャンブルが理由で離婚

ギャンブル依存症のパートナーと離婚したい

離婚
配偶者である夫や妻がパチンコ依存症などのギャンブルにハマってしまったとき、それを理由に離婚することは可能なのでしょうか。

 

夫婦ですのでそれぞれが支えあい、夫や妻のギャンブル癖と向き合っていかなくてはいけないのでしょうか。

 

ここではギャンブルが理由で離婚が成立するのか、その考え方について紹介します。

 

パチンコ依存症、ギャンブル癖だけでは離婚できない

 

もし夫や妻がギャンブル好きで、完全に依存症の状態であったとしても、例えばパチンコ依存症だという理由だけで離婚が認められるケースはあまりありません。

 

ギャンブル癖があっても、お金に困ることなくきちんと生活ができているのであれば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」にはならないためです。

 

ギャンブル好きが度を越して借金が増えて、生活していくことが難しくなったとき「婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚が認められます。
 
パチンコ依存症などのギャンブル癖では離婚は成立しませんが、それによって発生した借金によって生活苦になるようであれば、離婚することが可能になると覚えておきましょう。

 

ただし、ほとんどの場合、夫や妻が離婚に反対することになります。

 

その場合は次のような状態にまでもつれ込むことがあります。

 

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

 

ギャンブルが原因の離婚は結論が出るまでに長引くことがありますので、早い段階で弁護士に相談することをオススメします。

 

離婚成立となったとき慰謝料や養育費はもらえるか

慰謝料
ギャンブルによる生活苦が原因で離婚した場合であっても慰謝料や養育費の請求はできます。

 

ただし、夫や妻は借金を重ねているわけですから借金の返済能力を考えると、慰謝料が支払われる可能性はとても低くなります。
 
養育費も同じように請求することは可能ですが、こちらも支払うためのお金がなければ、いずれ振り込まれなくなる可能性がとても高くなります。

 

それでも慰謝料は諦めることができたとしても、子どもを育てていくためのお金は簡単には引き下がれないですよね。

 

どのような離婚の仕方をするにしても、離婚成立時に養育費に関する取り決めを公正証書として作成しておきましょう。
 
この公正証書があることで、養育費の支払いが止まったときに、給料や資産をすぐに差し押さえすることが可能になります。

 

離婚成立前に債務整理を検討しよう

債務整理
離婚をすると財産分与ということで夫や妻がギャンブルで作った借金まで分与されると考えている人もいるようですが、負債のうち財産分与の対称となるのは次の3種類です。

 

  • 生活のための借金
  • 住宅ローン
  • 車のローン

 

それでも多額の住宅ローンがあるような場合は、そのローンの半分を引き受けることになります。

 

実際は住宅を手放してローンの返済に当て、返済しきれなかったローン分の半分の借金を返していくことになります。

 

このときの金額が数千万円になり、離婚後の返済計画が建てられないときは債務整理を行う必要があります。

 

他にも夫や妻の借金の保証人になっているような場合も、離婚後に夫や妻が返済しきれなくなり、返済請求を受けることがあります。

 

そんなときにトラブルにならないように、離婚の相談を行った弁護士に債務整理についても相談しておきましょう。

 

困ったときは弁護士に相談が一番の近道

弁護士に相談
ギャンブルが原因の離婚も、そのあとの借金の問題も引き受けてくれるのが弁護士です。

 

個人的な問題を他人に相談することは恥ずかしいと思うかもしれませんが、離婚も借金も当事者だけで解決する問題ではありません。

 

夫や妻のギャンブルが原因で結婚生活の継続が難しくなりそうだと感じたときには、すぐに弁護士に相談してみましょう。

 

先送りすればするほど問題は大きくなっていきますので、トラブルの火種は小さなうちに消すようにしてください。

 

特に住宅ローンがからむ財産分与はとても複雑で難しい問題のひとつです。

 

ギャンブル依存症の夫や妻とやっと別れることができたと思ったら多額の借金を背負わされたのでは、何のための離婚だったかわかりませんよね。

 

相談料の支払いに不安があるような場合は、無料相談できる自治体の窓口などもありますので、うまく活用して傷口が広がる前に問題解決の依頼することをオススメします。