パチンコ情報を完全にシャットアウトする

パチンコを考えないために

シャットアウト
パチンコ依存症の治療方法のひとつにパチンコとの距離をしっかりと確保する必要があります。

 

パチンコの情報を確実にシャットアウトできなければ、パチンコをしたいという誘惑に負けてしまうのです。

 

パチンコ情報を完全にシャットアウトすることが理想ですが、現在の日本では100%シャットアウトすることはとても難しい状態です。

 

それでも可能な限り100%のシャットアウトを目指すようにしましょう。

 

ここではパチンコ情報を完全にシャットアウトするためのコツについて紹介します。

 

パチンコ店がない道を選ぶ

 

まず通勤通学の経路の見直しを行いましょう。

 

学校や会社に使う最寄り駅の改札口からパチンコ店が見えるようであれば、その改札口は絶対に使わないようにしてください。

 

不便でも違う改札口を選んだり、ひとつ手前の駅から歩いたり、バスを利用するなどして日常使用する道にパチンコ店がないようなルートを意識して歩くようにしてください。

 

このルート選びは自分一人で行わず、友人や家族と一緒に歩いて見つけるようにしてください。

 

1人で行うと途中で誘惑に負けて「ちょっと見るだけ」のつもりで店内に入り、結局またパチンコをしてしまう可能性があります。

 

自分を監視してもらう意味も含めて、一緒に通勤通学の経路を決めてください。

 

これは住居の近所の経路も同じです。目の前にパチンコ店があるような場所に住んでいるような場合は、引っ越しを検討してください。

 

もちろん最寄り駅にパチンコ店のない場所を選ぶようにしてください。

 

会員カードはすべて捨てる

会員カードを破棄
ほとんどのパチンコ店には会員カードがありますが、このカードは必ずハサミを入れて破棄するようにしてください。

 

自分でハサミを入れる勇気が出ないときは、家族や友人に依頼してください。でも自分でケリを付ける覚悟という意味でも、むしろ家族や友人に見守られながら自分でハサミを入れことが理想です。

 

またパチンコに関するアプリなどをスマホに入れている場合は、必ず消去してください。

 

スマホを見るたびにパチンコに関するアイコンが入ってくるのは心理的にもよくない状態です。もうパチンコとは縁を切るわけですから、常時目にするようなパチンコアプリは削除してください。

 

パチンコ関係のサイトのブックマークも消すのを忘れないでください。儲かると思って読んでいた必勝法のサイト本当に役に立ちましたか?本当に必勝法なら依存症になんてならなかったはずです。

 

むしろそれらのブックマークがパチンコ依存症への道だったと認め、すぐに消去するようにしてください。

 

パチンコ友だちとは付き合わないようにする

パチンコ仲間
パチンコ依存症を本気で治したいのであれば、交友関係も見なおす必要があります。

 

一緒にパチンコに行っていた友人とは距離を置くようにしてください。パチンコ友だちは飲み仲間であることも多いので、この関係を断つと友人が一気に減ってしまうかもしれません。

 

それでもパチンコ友だちとは一緒に過ごしてはいけません。

 

一緒にパチンコに行かなくても、お酒を飲んでいるだけでも話題は間違いなくパチンコになります。

 

そうなるとやはりパチンコが気になってしまいます。勝った話を聞くと羨ましくなり、自分ももう一度なんて考えてしまうのです。

 

どうしても距離を置けない大切な友人がパチンコ友だちにいる場合は、パチンコの話を絶対にしないようにお願いしておきましょう。

 

それでもパチンコの話をするようであれば、その人が本当にあなたにとって大切な人なのかを考えなおしてください。

 

コンビニには近寄らないようにする

コンビニに近づかない
とても難しいことですが、日常の生活の中でコンビニには行かないようにしてください。特にパチンコ依存症から抜けだすための初期段階ではコンビニは厳禁です。

 

なぜならコンビニの雑誌コーナーにはパチンコ関係の本が山積みにされているからです。

 

ちょっと別の本を立ち読みのつもりが、気がつけばパチンコ関係の本を手にしている。これがパチンコ依存症のこわさです。

 

どれだけ強い意志があっても、目の前にパチンコ関連の物があったら、知らないうちに気持ちが奪われてしまいます。パチンコ情報を完全にシャットアウトするためには、コンビニ通いは真っ先にやめなくてはいけません。

 

どうしてもコンビニに入らなくては行けないような場合は、雑誌コーナーに近づかないように心がけてください。