パチンコ依存症を病院や薬で治す

病院や薬での治療は効果ある?

病院
パチンコ依存症を完治させるための方法のひとつとして、病院通いや薬での治療を勧められることがあります。その一方で、パチンコ依存症に効く薬はないと言われています。

 

パチンコ依存症からの回復に病院通いや投薬はいったいどれだけ有効なのでしょうか。実際に通院してパチンコ依存症から抜けだした人はどれだけいるのでしょうか。

 

ここではパチンコ依存症を通院で治すことについて、そのメリットとデメリットを紹介します。

 

パチンコ依存症は薬で治らない病気

薬
まず大前提として知っておかなくてはいけないことはパチンコ依存症は病気であるということです。その証拠というわけではありませんが、パチンコ依存症による通院は健康保険の対象になります。

 

パチンコ依存症は精神疾患の一種ですので、精神科での治療になるのですが、大きな問題が2つあります。

 

ひとつ目は、パチンコ依存症に効く薬はないということです。パチンコ依存症による合併症である躁うつ病や統合失調症などに対する薬はありますが、パチンコ依存症を薬で治すことができないため、治療は医師との対話に限られてしまいます。

 

問題のふたつ目はその対話相手の医師です。パチンコ依存症は病気であるにもかかわらず、それを理解してくれる医師が圧倒的に不足しています。

 

パチンコ依存症への理解ある医師を見つけることがとても難しいため、パチンコ依存症を通院で治すことは難しいとされています。

 

パチンコ依存症を病院で治すメリット

医師のサポート
パチンコ依存症に対する理解のある医師が見つかれば、病院でパチンコ依存症を治すことはメリットもあります。

 

まず考えられるメリットは第三者の冷静な目で回復を判断することができるということです。パチンコ依存症を治すにはとても長い時間が必要になります。自分でも本当に回復しているのかがわからなくなるときがあります。そんなとき、第三者の目で状態を判断し助言してもらえることは安心感に繋がります。

 

同じ悩みを持つ人たちと繋がれるのも病院で治すことのメリットです。パチンコ依存症の治療を積極的に行っている病院では、パチンコ依存症もしくは他のギャンブル依存症になっている人たちで定期的なミーティングが行われることが多く、そこで他の人たちの体験を聞くことができます。

 

他の人の話を聞くことで、自分がいま置かれている状況を客観的に受け入れることができるようになり、回復への意欲が高まっていきます。

 

パチンコ依存症を病院で治すデメリット

デメリット
病院で治す最大のデメリットは、パチンコ依存症の治療に真剣に取り組んでいる病院が少ないことにあります。数が少ないということは、通院に時間とお金をかける必要が出てきます。

 

治療費は1回につき2000円〜3000円ですが、カウンセリングを行う場合は保険適用外になりますので5000円追加で必要になります。そこに交通費がかかることで1回の治療が1万円以上になることもあります。

 

通院での治療は週に1回は必要とされ、治療期間は3年以上必要と言われています。カウンセリングを行う場合は、単純計算で3年間で150万円の費用が必要になります。パチンコ依存症の人の多くは借金を抱えていますので、この状態での150万円の費用は簡単に捻出できるものではありません。

 

高額な治療費もパチンコ依存症を病院で治す大きなデメリットになります。

 

パチンコ依存症は病院で治すべきか

悩む
パチンコ依存症は病気と認められているのに、効果的な治療方法がない病気です。薬は効きませんし、通院しても話をするだけで終わってしまいます。

 

しかも通院するのに適した病院を見つけることが難しいという問題もあります。

 

躁うつ病やうつ病、統合失調症などの合併症がある場合は、通院が必要になりますが、そうでない場合は、パチンコ依存症を治すのに本当に通院する必要があるかについて、家族や知人に相談してみましょう。

 

特に治療費に関しては無理なく払い続けられるか、しっかりと検討しておく必要があります。

 

より効果があると言われている入院での治療になると、さらに多額の費用が必要になります。払いきれないと判断した場合には他の治療方法も検討してみましょう。