債務整理のデメリット

家族にわからないように借金返済するには

バレたくない秘密
パチンコの借金はできることなら家族に知られないで返済したいですよね。返済できずに債務整理するにしてもやはり家族にはバレたくないという人がほとんどです。

 

パチンコの借金を家族にバレずに返済したり、債務整理することは可能なのでしょうか。

 

借金があるだけなら家族にバレる可能性は低い

 

パチンコの借金があるだけなら、家族がクレジットカードの管理などをしていない限り、家族に借金がバレることはありません。ただし毎月きちんと返済をしているということが前提になります。

 

返済が滞って、ヤミ金などに手を出すようになると自宅への督促の電話などがありますから、いずれ家族にバレることになります。

 

  • 借金をこれ以上増やさないこと
  • 計画的に返済していくこと

 

家族にバレないようにするには上記の2点が基本になります。

 

ただしパチンコ依存症になっている場合は、ほとんどの人がパチンコをやめることができず、借金を積み重ねていくことになります。

 

返済できないほどに借金が積み重なった場合は、ヤミ金に手を出す前に債務整理の検討をしてください。

 

債務整理であれば、家族にバレずに借金の返済をできる可能性があります。

 

家族にバレずに債務整理したい場合は任意整理を選ぶ

選ぶ
債務整理の中でも自己破産と個人再生は裁判所が関係してくるため、裁判所からの書類などが家に届き、家族に借金や債務整理のことを話す必要が出てきます。

 

それに対して任意整理は、裁判所は関係せずに、弁護士や司法書士が債権者と話し合いを行う整理方法ですので、弁護士や司法書士が上手に対応すれば家族にバレずに債務整理出来る可能性があります。

 

弁護士や司法書士に依頼するときに「家族にバレ内容にして欲しい」と告げておけば、任意整理の過程で家族に債務整理がバレることはほとんどありません。

 

また任意整理の場合は整理しない債務を選べますので、家族が代理人になっている債務を任意整理しないことで、家族に通達が行くのを避けることも可能です。

 

家族に債務整理をバレないようにするには任意整理が基本だと覚えておきましょう。

 

任意整理でも家族にバレることがある

バレることはある
任意整理中は債務整理を家族に隠すことができても、任意整理の返済が始まってから債務整理がバレることがあります。

 

任意整理を行って借金の整理を行うと、任意整理をした人として信用情報機関にリストアップされるます。よく言われるブラックリスト入りした状態になるのです。

 

ブラックリスト入りすると、すでに発行されているクレジットカードは使用不可になります。

 

これは他の債務整理でも同様で、債務整理するとブラックリスト入りしてクレジットカードが使えなくなります。

 

これまであたり前のように使っていたクレジットカードが使えなくなるわけですから、当然家族に怪しまれることになります。

 

新しくクレジットカードを発行してもらうには最低5年は時間が必要になりますので、それまでのあいだはなんとかデビットカードなどで対処するしかありませんが、5年間家族を騙し続けるには強い決意が必要になります。

 

債務整理やパチンコの借金が家族にバレたときにすべきこと

素直に謝る
本来はパチンコの借金についてはパチンコ依存症も含めて家族に話をすべきですが、話をするタイミングを逃すとやはり言い出しづらいものです。

 

配偶者がいるような場合は離婚につながることもありえます。

 

どうしても隠し通したいのであれば、とことん貫くことも大切ですが、バレてしまったときはすべてを正直に話してください。

 

すべての家族がそれでうまくいくわけではありませんが、嘘に嘘を重ねることが最も避けるべきことで、家族の協力を得て債務整理して借金の返済をすること、パチンコ依存症の治療を進めることが大切です。

 

いまは隠すしかなくても、いずれ打ち明けなくてはいけない日が来る可能性が高いことだけは頭に入れておきましょう。